フリット。

「オランダは美しい国だが、人種差別がないわけない」フリットが苦言
ルート・フリット(元オランダ代表MF)
「ここには人種差別がないと偽るべきではない。
(自分は人種差別に)落ち込まなかったが、私に傷痕を残した。
白人対黒人ではない。人種差別への反対だ。
私が最も怒りを感じたのは、それほど悪くはないと言う人間がいることだ。
我々は美しい国で暮らしている。私はオランダ人であることを本当に誇りに思う。だが、(差別がないなどと)言うべきではない」

(一部抜粋)

差別は論外……と思うところやけど、

ほなら自分に置き換えるたらどうなん?……となると、

ちょいちょい中国人観光客や韓国政府にイラっとして、咄嗟に『やっぱり◯◯人は……』と思てしまう事がある。

その反面、お世話になってる在日の方にはいつも感謝してるし、中華街も新大久保、鶴橋も大好き。

我らが『青黒』『ベイスターズ』で頑張ってくれてる外国籍選手達の事も本気で応援してる。

BIGBANGをはじめ、海外の音楽は何かしら毎日聴いてる。

矛盾……とは言え、大嫌いとか、◯んだらええねん、とは思わない。

こう言うニュースを見るたびに、自分の感情の事ばっかり振り返ってしまう。

それはそうと……フリット変わり過ぎ。

(自分も人の事言えんけど。自責)

あのカッコ良かったフリットはどこ行った?

うちらより上の世代はオランダ代表のアイドルはクライフやと思うけど、うちら世代は何と言ってもフリット。

ドレッド復活しない?

☝️横のプラットも若い😀

マジ一瞬、『あの方』と間違えた😮

ロビーは今でもロビーのままやのに…。



お酒が好きなあなたに。[PR]


レンタルなら、デートのたびに違うコーディネートができる![PR]


センスに自信のない男性も、コレでイケメンに(笑)[PR]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。