『通の一足』~YASUDAのスパイク~

国産スパイクの雄「YASUDA」復活から2年!今だからこそ語るYASUDAの思い
1932年に創業しながら、2002年4月にワールドカップを前に倒産した国産スパイクメーカー「YASUDA」。2018年にクラウドファンディングを実施して再動してから来月2周年になる。(一部抜粋)

見かけなくなって久しかったけど、復活してたんや!全然知らんかった!

なんか懐かしい。

ヤスダ公式ホームページ

小学生の頃、サッカー雑誌の広告欄で目にしては

『これ履きやすいんかなあ……。けどメーカー名がヤスダやしなぁ…』

と気にはしてたけど、手が伸びなかったメーカー。

みんなadidas、PUMAを筆頭に……le coq、PATRICK、Admiralは帽子やな……と海外メーカーのスパイクを履いてた。

だって、キャプテン翼でYASUDAを履いてるキャラがおらんかったんやもん。

きっとそう。

若林くんがadidasの帽子被ってたから、みんな被ったし、主要なキャラが履いてたら、もっと履いてたんちゃうかな?

そんな感じやったから、YASUDAのスパイクは、色々悩んだ末に、ショップの店員さんから薦められる『ラスボス的スパイク』……くらいの位置付けやった。

もちろん高校生くらいになると、良いメーカーやと言う認識は出来てた。

(ドゥンガも愛用してたのね😮)

当時から国産スパイクと言えば、ASICS、mizuno(ランバード)、YASUDA。他にもあったかな?

個人的にはASICS派やった。

ランバードはサンパウロの水島武蔵が履いてたから、何人かの友達が履いてたけど、YASUDAを履いていたのは、知っている限り1人の先輩だけ。

その先輩はごっつい体格してはったから、どうしてもYASUDAのブランドイメージはずっと『ごっつい人が履く用』やった。

あ、そう言えば『YASUDA帝京高校モデル』もあったような……。

今では色んな海外のメーカーが入ってきて、エンドユーザーも色んな選択肢がある中でも、やっぱり1番履きやすいのは国産メーカーやと思ってるし、未だにYASUDAのイメージは

『通が履く一足』。

自分がPUMAからASICSに変えた理由も、足の甲にフィットしてスゴく履きやすかったから。その時も色々試着して、散々迷って決めた。

そのせいもあって、息子が赤ん坊の時は足の形にフィットしやすい国産のASICSばっかり履かせてた。

YASUDAがあったら、意外と履かせてたかも……と思う。自分では履かへんかったクセにね。

(けど『通の一足』やから子供には履かせてみたいし😀)

今はなかなかボールを蹴る機会もないけど、改めて買うんやったら、試してみてもええかなぁ、YASUDA。

こんな高いヤツやなくてええけど。

こう見ると、YASUDAのスパイクって、adidasのコパムンディアルみたいで、カッコいいのよねぇ。

スタッドの色合いは違うけど、風格あるよね?



お酒が好きなあなたに。[PR]


レンタルなら、デートのたびに違うコーディネートができる![PR]


センスに自信のない男性も、コレでイケメンに(笑)[PR]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。