春ですねぇ……

四国中央・新宮でミツマタの花が見頃 4月上旬ごろまで / 愛媛新聞
黄色い花が広がり、集落の一角に春の彩りを添えている。花は4月上旬ごろまで楽しめそう。(一部抜粋)

高校の時以来、生で見たことないけど、ミツマタが咲いたと聞くと

春ですねぇ……となる。

『三椏(みつまた)』は昔からある紙の原料。これが地元の職人さんの手によって『伊予の手漉き和紙』に変わる。

繊維が細かくて肌触りも柔らかいけど、とても丈夫。

三椏の他にも原料には『楮(こうぞ)』と言う植物もある。

紙の町で育った事もあり、子供の頃から頭に刷り込まれてきた。

気負わず、暮らすように紙を漉く。えひめ伝統工芸士・宇田秀行さんの手仕事。/ えひめさんさん物語

毎年行われてる『紙祭り』で踊る、唄の歌詞にも出て来るくらい大事な植物。

四国中央紙まつり オフィシャルサイト

🎵(合併前は『伊予の川之江』)

四国中央 紙どころ、

紙はよいよい福の神、

こうぞみつまた花が咲く~、

ほんじゃきんど

ほんじゃきんど

踊らんかホイホイ

(合いの手の所だけ)

あ、ちなみにこの唄、12番まである😮

※小学校の頃、始まったばっかりの『紙まつり』にサッカーチームで参加させられてた🤣

そんな感じで、何百年に渡って地場産業を支える大事な植物の1つである『三椏』なんやけど、

何百年と続いてきた伝統のシンボル的な花やった……と言う事に大人になってから気づいた。

(気にしたこと無かったんやもん)

桜みたいな派手さはないけど、こう見ると可愛らしいでしょ?

この植物から、今はこんな可愛らしい製品が生まれてる。

関東でも、伊予和紙製品は『LOFT』とかで購入出来たりするから、1度見て貰えるとその良さが伝わると思う。

伊予和紙でできたポチ袋が可愛すぎる!DO?GO!愛媛編集部

これからも咲き続けて、みんなに春の訪れを告げてくれますように。

・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
ちなみに👇️は日本一の紙の町夜景。

あと、紙のまち資料館では『手漉き和紙体験』も出来るみたい。

そう言えば行ったことないわぁ。

紙のまち資料館 / じゃらん観光ガイド



お酒が好きなあなたに。[PR]


レンタルなら、デートのたびに違うコーディネートができる![PR]


センスに自信のない男性も、コレでイケメンに(笑)[PR]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。