ゆうきまさみ作品

最近、本屋さんで平積みにされている所を良く見掛ける漫画、

『新九郎、奔る!』。

漫画家『ゆうきまさみ』大先生が今執筆中の『北条早雲』を主人公にした大スペクタクル歴史絵巻。(言い過ぎ?)

週刊スピリッツにて連載中。単行本は3巻まで。

勝手にこの作品はいつか『大河ドラマ』になると踏んでいる。

北条早雲 / by Wikipedia

ゆうきまさみ作品はどれも、『男子はこういうの好きだよねぇ』と言う所を見事に突いてくる話が多い。

適度に笑いを散りばめながら『マニア心』をくすぐるのが上手いと言えばええんやろか?その笑いも見事なベタw

あと、絵がきれい。

そんな『ゆうきまさみ』作品のうち、『新九郎、奔る!』を含め、好きな4作品揃えている(いた)。

まずは『新九郎、奔る!』。

そして

『究極超人あ~る』。

これは中学生の頃、週刊少年サンデーで連載された作品。

毎週、爆笑してしまうストーリーが大好きで、ゆうきまさみ作品にハマるきっかけになった。言葉が悪いが、軽くてくだらないけれども、誰も傷つかない楽しい話。

(5巻の修学旅行の話は最高に笑える)

2018年には31年ぶりに新刊な出た。そもそもこの時は『出ただけ』で笑ろたw

※おそらく『ゆうきまさみ』ファンの大半は『これ』からやと思うw

主人公は白米しか食べられないアンドロイド。舞台は高校の光画部(写真部)。

BGMは巨匠・田中正之。

その次は競走馬生産牧場の話を描いた

『じゃじゃ馬グルーミンUP』。

この作品に登場する競走馬『ストライクイーグル』の『気分屋な性格』が大好きだった。

当時、JRAの競走馬で『ステイゴールド』と言う馬がいたが、その馬の性格が『ストライクイーグル』にかなり似ていたので、そこに姿を重ねて、すっかり大ファンになってしまったw。

劇中、ストライクイーグルは引退レースの有馬記念で初めてG1優勝。

ステイゴールドも引退レースの香港ヴァーズで初めてG1を勝っている。

平場のレースは気を抜いて走るくせに、ファンファーレや歓声はちゃんと聞き分けるw

ちなみにその息子の『ゴールドシップ』は父親以上の気分屋。

あと1つは……、
アニメ、劇場版、実写版として映像化され、愛蔵版が発売され始めた

『機動警察パトレイバー』。

これは説明するまでもなく、ゆうきまさみ作品の中で、1番有名な作品。

映画『NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』予告編 / by YouTube

ロボ好きにはたまらない『レイバー』のフォルム。

実弾をぶっ放す所も、他のロボット作品よりも現実的で、魅力的。

1回読むと忘れられない物が多いゆうきまさみ作品。

この他の作品に

『パンゲアの娘 KUNIE』

『鉄腕バーディー』

『白暮のクロニクル』

等があるけど、まだ手を出していない。

特に理由はなくて、その時々で読みたいフラグが立ってないだけ。

ボチボチ揃えたいけど、

優先順位としてはクロニクルかなぁ。

珍しくミステリー作品。

ああ、なんかパトレイバー観たくなったなぁ。オンデマンドで探してみよ。

……あれ?他の作品は?



お酒が好きなあなたに。[PR]


レンタルなら、デートのたびに違うコーディネートができる![PR]


センスに自信のない男性も、コレでイケメンに(笑)[PR]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。