守護神

初のハマスタ開催、クライマックスシリーズ。

案の定、我らがベイは負けた。

ほぼ想定内ではあったから、そこまで落ち込むことは無かったし、むしろ選手の頑張りだけで、ようここまで戦ったな……とちょっと感動もした。

濱口の力投、ドリスの踏ん張り、ロペス、筒香のホームラン、福留の圧巻9回表の同点アーチ、乙坂のサヨナラホームラン、植田の見事な走塁、良くも悪くもキーマンやった北條w、大和&柴田、糸原の美技……挙げればキリがないほど両軍の好プレーが続出した。

たまたまやけど、2戦目、3戦目、バチバチのゲームを生で見れたのは良かった。

シーズン中、チンチンにやられてただけに、よう踏ん張ったと思う。

(1戦目は見んで良かった。あれ見てたら、多分、一生トラウマになる)

そんな試合の中、感動した選手が1人。

藤川球児。

アメリカから帰ってきて、先発やら、中継ぎやら、色々配置転換があった中で、結局、今シーズンは本来のクローザーに座ってた。全盛期の球速には届かないとしても、キレは健在。

球児の後ろは、最近『おばちゃんパーマ』がめっきり板についてる福原忍w

(写真はシーズン最終戦の試合前の様子)

強い雨の中の3戦目。

8回から2イニング登板。

回跨ぎやったら9回は打てるやろと、高を括ってた。

けど全く違った。

ハマスタに通い始めて数年、これまで聞いたことないくらいに響き渡る大歓声で『圧』を掛けるベイファンに対して全く動じない。

ぬかるんだ足下だけが気になった様子。

見ていた角度が良かったこともあって、球速は落ちても、キャッチャーミットまで真っ直ぐ伸びる『らしい球筋』も見えた。

ライトスタンド上段から見えた『22』は、昔良く見てた、とてつもなく大きな背中そのままやった。

この大一番の球児を攻略出来たら、これからのベイスターズには『大きな財産』になると思たけど、打てるイメージが全く湧いて来なかった。

バッターボックスのニコ・オトサーカに向かって声援を送りながらも、途中から頭の中では、球児の登場曲である『every little thing every precious thing』が流れてくる始末。

見事な投球で抑えきったところでゲームセット。阪神のファイナルステージ進出が決まった。

まさに『これぞ守護神』。

もちろん悔しくて悔しくて、暫く言葉も出んかったけど、『あれをやられたら、しゃあないわ』と割りきれる気持ちもあった。

自分が応援してた頃だけでも、球児は数えきれない程の修羅場を潜り抜けてきてた。久保田の尻拭いをどんだけやってた事かw

あの2イニングは……しゃあなかった。

セーフティーバントとか、ラミレスなりの『奇策』を選んでも、梅野みたいに雨で滑って失敗する可能性の方が高いと思った。

うん、しゃあなかった。

我らが『守護神』山崎康晃も今季、史上最速で150セーブ記録を更新した。

抜群の安定感とまでは行かないまでも、着々と守護神への道を進んでくれてる。『康晃が打たれたらしゃあない』……と思えるようになってきた。

これから先、もっともっとヒリヒリしたシチュエーションで投げ続けて行けば、藤川球児や

大魔神・佐々木のような

絶対的守護神になれると思う。

チームもそのシチュエーションで戦える戦力は揃ってきた。

あと指揮官次第……。これが大問題。

来年も大きなケガなく頑張って貰って、語り継がれるような『守護神』になれますように。

・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

あ、守護神と言えば個人的には『この人』も外せない。

不甲斐ないチームに喝を入れ続ける『闘神』。



お酒が好きなあなたに。[PR]


レンタルなら、デートのたびに違うコーディネートができる![PR]


センスに自信のない男性も、コレでイケメンに(笑)[PR]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。