回転寿司たくみ

1皿100円ちょっとの『回るお寿司』に質を求め過ぎるのは、ちょっと違う気はするけれど……。

それだけに『良いお店』に出会えていた事に感謝。

・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

今日は初めて回転寿司を梯子した。

夕方のアポイントが遅かった事もあり、直帰出来たので、相方さんと戸塚駅西口で待ち合わせて外食した。

テレビで見た『蟹と鮪のイベント』のCMが気になっていたようで『いつも足を運んでいるお店』やなくて、相方さんの希望で『スシロー』に行ってみた。

戸塚に越してきて、その存在は知っていたものの、1度も足を運ぶ事がなかったので、何となく新鮮な感じがした……が

途中で出た。

2人でこの枚数…。

理由は『やっぱりいつものお店の方が美味しかった』から。

スシローでは思った以上に『奇をてらったメニュー』に困惑して、途中から徐々に何を食べて良いのか分からなくなってきた。

普段お寿司の時は、必ずビールを飲むのだが、飲みたいとも思えず…。
・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

ちなみにいつも通っているお店はトツカーナ1階にある

『回転寿司たくみ』。

スシローと何が違うかと言うと『ネタ』も『シャリ』も全部違う。

一貫の大きさを比べると明らかにスシローの方が大きいかも知れないけれども、口に入れた後の食べやすさは『たくみ』。

簡単に言うと『優しい』。

シャリの違い…って?

スシローは機械を使ってシャリを『成型』しているからベタベタしていた。

軍艦巻きは2貫並んで盛られていたが、ベタベタのせいで海苔同士が引っ付いており、食べる時にほどけて、全部崩れた。

※100円ちょいの商品に、そこまで求めてもダメやと分かっているものの、やっぱり食べる直前でボロボロになった軍艦巻きには萎えた。

『たくみ』のシャリは、大将と、もう1人の職人さんが円形カウンターの中で、全部握って流してくれてるから、食べる時に口の中に入れても、程よくシャリがほどけてフワッと食べられる。
お酢も利き過ぎず爽やか。

ネタの温度もそう。

スシローは画面注文した後、冷たいまま出てきた。もちろん『たくみ』もネタは冷蔵ケースで保管されているからそれなりに冷たい。

ただ、握ってくれてるだけあって、冷たいまんま食べた時に感じる『冷たい角』が無くて、程よく温かく、(大袈裟やけど)飲み込んだ時にちょっと贅沢をしている幸福感を感じられる。

普段『あまり食べないネタ』も、折角だから『試しに食べてみよう』と思わせてくれるので、食事が楽しくなる。

・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

魔が差したとは言え、軽い気持ちで浮気をしてごめんなさい。やっぱり我が家が1番です……そんな気持ちになった。

そんなこんなで、通うようになって今日で10回目。

LINE の友達登録をして、ショップカードにスタンプを集めていたので、今日『10回来店の特典』である『たくみの湯呑み』が貰えた。

何でか分からんけど、お寿司屋さんの湯呑みって、貰えると妙にうれしかったりする。

これからも数を増やせるよう、足を運ばせて貰おうと思う。



お酒が好きなあなたに。[PR]


レンタルなら、デートのたびに違うコーディネートができる![PR]


センスに自信のない男性も、コレでイケメンに(笑)[PR]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。