昭和天皇物語

早速買って読んだ。

率直に『歴史読み物』として面白いと思った。『哭きの竜』を書かれている能條純一作品だけに絵がきれい。

国民の前で笑顔を振り撒かれておられた『昭和天皇』を、

子供の頃は何も知らずに『優しそうなおじいちゃん』的な存在としてテレビの前で拝見していたが、

これを通して、陛下の『人となり』を知ることが出来る事は有り難く感じた。

個人的には特に『右寄り』でも『左寄り』でもないのだが、今の学生達にもこれは是非読んで貰いたいと思う。

日教組の絡みか何か分からないが、今の学校の授業で教えられないのなら、せめて図書室には置いておいて欲しい作品だ。

まだ2冊しか出ていないのだが……。

『現人神』から1人の『人間』になられたの最初の天皇の『生き方』、『考え方』を若い子達にも知って貰えるに違いない。

『御国の為に……』とか、そう言う『思想』どうこうではなく、

陛下が『若くして背負って来たもの』を 感じられるのが良い。

これは息子には絶対に読ませる。

間違いなく親の『エゴ100%』。

11/30には第3巻が出るので楽しみにしている。


[PR]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。