日本のいちばん長い日

昼まで寝てしまったので、1日家でゴロゴロ。

ビデオオンデマンドで映画を見た。

気にはなっていた作品ではあったが、原田監督作品だったので、若干の不安を抱きつつ。

題材が題材だけに『関ヶ原』や『検察側の罪人』ほどエンターテイメント的な浮かれた要素は少なくて好感は持てた。

山崎努さん始め、その他役者さんが揃っていたので、作品としては楽しめたと思う。

昭和天皇役の『モッくん』こと本木雅弘さんと、畠中少佐役の松坂桃李くんの演技は特に引き込まれた。

玉音放送のシーンは涙が込み上げてきた。

戦争経験者でもないのに。

戦後、崩御されるまでの昭和天皇のご心痛や、平成天皇が『平和』に対してこだわって来られた理由を少し考えさせられた。

話題になっている『昭和天皇物語』を買って読もうと思う。

ただこの映画でも、原田監督を好きになれないシーンがあった。

たった1つのシーンだけ。

日本人として絶対に後世に伝えて行かなければならない『8月の出来事』の扱い。

ゴジラの爆発シーンを思わせるような軽さに、少し『怒り』すら感じた。


[PR]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。