名付けて『かっぱえびせん』

勝った。

うちの相方さんは試合後『藤春のユニにすれば良かった……』と言い始めたくらいやりたいことがハマったゲーム。

強い相手をリスペクトしながらも、冷静にポイントを押さえる。

まさかの戦術やったけど、昨シーズン『捕まえきれずに良いようにやられた』三ツ沢での試合とは全く違うやり方で

カモメの羽をむしり取ったった。

(去年は2戦ともやられたけど、ホーム開幕戦は仲川のオフサイドがゴールにされたから負けた。アウェーの時は開幕戦とメンバーが全く違うチーム事情が大きかった……と言うことにしとく。)

キックオフの笛が鳴って、藤春が仲川に貼り付いてるのを見た瞬間、ツネの意図が見えた。ティーラトン対策でジェソクの起用然り。

元々身体が小さい仲川の動きを止めて、出来る限りフィジカル差をぶつけてやれば、ある程度行ける。

チーム1のスピードと運動量を持つ代表クラスの選手やからこそ出来る事。

それでも仲川も素晴らしい選手やから全部は無理。去年のGT-R…違う、MVPやからね。(仲川はホンマすごいね。スタジアムの中に駐車してもええ選手なんか聞いたことないもん……さすがMVP。)

ホンマに試合開始直後から

今日は無駄な失点は無いな……と感じて安心して見ていた。

フィールドプレーヤー全員が相手陣内に入ってきて、圧倒的な数的優位を作って群がるカモメに『ハイプレス』を掛けへん時は一旦引いて、ゴール間際で強くクリアしながらカモメにボールを持たせてからの効果的なカウンター。後半は押し込まれ過ぎて、数は少なかったけど……。

クリアされたボールを拾いに行く姿は、まさに『かっぱえびせん』に群がるカモメ。

水と鳥には雷ドーンやって!

出来ることならカモメ陣内でおんなじような事が出来たらええとは思うけど、迷いなく押し上げてくるから、そこはしゃあない。

カモメは強いから。ここは認める。

なぜガンバはマリノスを撃破できたのか。選手たちが明かした“スペシャル戦術”の全容 / by サッカーダイジェストweb

宇佐美貴史は「前からハメるのはやるけど、上手く行かなかったら前に来させてブロックを組むのもあり、とみんなで話してました」と語り、「失点を与えるまでやられる気配はなかったですよ。自分たちで中で話せて、自分たちで発信していけるのがいまのガンバの強み。ツネさんが求めていることでもあります」と、自信を覗かせた。(一部抜粋)

※今回のサッカーダイジェストweb最高!☝️写真抜群😀☝️

試合後の記事読んだけど、やっぱり感じた通りやった。ツネの『負けず嫌い』はやっぱり凄い。柔軟に戦術変更にも対応出来るようになった選手達も頼もしい。(※DAZNの実況で笑ったフレーズ『カウンターの糸口は井手口が消しました』『遠藤遠藤のマッチアップは40歳の遠藤が奪いました』とかややこしいw)

『カモメ戦用の戦術』ってジェソクも言うてるけど、今年カモメと当たるのは『開幕戦』と『最終節』。

これはラッキーな事やと気づいた。最初と最後だけ特別な戦術。それ以外は目指すサッカーに集中出来る。

開幕戦で当たったからこそ、その為の用意もしっかり出来た。

エサに群がるカモメを網に掛ける作戦名『かっぱえびせん』。

ただ今年の最終戦はホームパナスタ。昨年の『優勝チーム』にありえへん開幕ガラガラの日産スタジアムと違って、圧倒的な圧を掛けてプレッシャーを掛けて、今日とは真逆の展開にしてやろう。今年はうちがカモメに『ダブル』。

今節の勝利は、ホンマにチームとしての『戦術徹底』のガンバり無しには語れない。脆さが目立ってたチームに自信を付けさせる勝利。開幕戦やからこそ特におっきいよ。今年は大丈夫。今年は行くぞ、

ガンバれ、青黒!

ララララララララ ララッラ~~

“荒れ狂え”OSAKAアレ~

こんな時間がいっぱい取れるシーズンになりますように。

【G大阪】復帰初戦を勝利で飾ったオ・ジェソク「自分の名前を呼ばれて涙が出た」

そうそう、試合後のジェソクのコメント。これはサポもうれしい。

【G大阪】雪辱を果たして白星発進。宮本監督「テーマは攻める、でした」G大阪MF倉田「一番強い横浜に勝って自信になる」



お酒が好きなあなたに。[PR]


レンタルなら、デートのたびに違うコーディネートができる![PR]


センスに自信のない男性も、コレでイケメンに(笑)[PR]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。