星野仙一さま

2018年のシーズンが終了しました。

開幕前、貴方がお亡くなりになられた事で、なんとも言い表せない『哀しみ』に包まれましたが、いざシーズンが始まってみると、貴方の事を忘れているくらい野球にのめり込んでいました。

生前、楽天と阪神で日本シリーズをやるのが夢とおっしゃっておられましたが、両チーム共に最下位になり、逆日本シリーズになってしまいましたね。

我が横浜DeNAベイスターズは不本意ながら4位で着地しました。来年は必ず巻き返します。

なので、阪神は来年、そこそこ頑張ってください(笑)。

・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

しかしながら、今年感じたプロ野球の感想は、『覇気』を押し出してくるチームが少なくなっているせいか、見ていても淡白な試合だと感じる事が多かった…です。

うちに限った話では無いような気がします。

貴方が御存命だった頃のプロ野球は楽しかった。

仙さん以外でも、全国で必ず誰かしらが暴れてる!と言う、真剣にやっているからこそ、振り返ると笑えてしまう時代でした。

今の時代だと絶対にパワハラ、暴力で訴えられます(笑)。

ただ、勝ったら誰よりも喜び、負けたら誰よりも悔しがる。

いつもファンの気持ちを体現してくれる仙さんが大好きでした。

いつかまた、そんな選手が色んなチームに、たくさん現れてくれる事を望んでいます。

・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

我らがDeNAベイスターズには、1人そんな選手が覚醒しつつあります。

日本の4番と呼ばれるようになった我らが『筒香』。決して表には出しませんが、静かな闘志を燃やす男です。

昨年、甲子園で見せた本当に怒ったときの顔には言葉が出ないくらい覇気が出ていました。

仙さんもご存じでしょうから、今更でしょうか(笑)。

しかしあと3人期待する選手がいます。

1人は山崎康晃選手。

言わずと知れた我らが守護神です。

もう1人が濱口選手。

ピッチャーです。

闘志剥き出しで相手バッターに向かって行く姿勢は貴方に良く似ています。

ピンチを抑えきった後、彼が挙げる『雄叫び』には鳥肌が立ちます。

この2人は、ちょくちょくポカをして泣くこともありますけど(笑)。

あと1人は桑原選手。

本人は至って素直で真面目なんだと思います。しかし、自分に与えられた役割を意識してムードメーカーになろうと頑張ってくれています。

普段、スベる事が多いんですけど、

何よりこの男、

『持ってます』。

世界初記録も作ってますから(笑)。

来シーズン、この3人の選手の『雄叫び』が横浜スタジアムに『こだま』する日が増えれば、

仙さんがご存知の『弱かったベイスターズ』が本当に変わった事をお見せ出来るだろうと感じています。

球団の垣根を越えて野球が大好きだった仙さんにも喜んで貰えると思っています。

毎日、毎試合、勝った、負けた、ああでもない、こうでもない……

野球は本当に楽しいです。

ポストシーズンは野球ファンとして楽しむとして、早く来シーズンが来ることを楽しみにしてます。

今年のポストシーズンは『新井』を応援します。


[PR]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。