暖かみがある車。

英国に渡ってスター的存在に 日本の小型車5台を振り返る
「98年のVWビートル、または2000年のクライスラーのPTクルーザーがレトロカーのブームの再来だと思っていたら、大違い。日産はフィガロなどでその10年ほど前に、すでに独自の世界を作っていた」と、英国オートカー誌は伝えている。フェラーリ好きで伝説的なギタリストのエリック・クラップトンでさえ、フィガロを所有している。(一部抜粋)

何で日産はこの路線を復活させへんのんやろうねぇ?

他にも、パオ

Be-1

ラシーン

……と個性的な車はいっぱいあって人気あったのにねぇ。

あ、キューブもそうかしら?

でっかいミニが、あんだけ売れてるんやから、この辺を1つでもリバイバルすればええのになぁ……と思う次第。

ルノーが文句言うんかな?

そんなことないよねぇ?

売れるんやったらヨーロッパでも売るやろし。

四角い目をした『イカつい車』がトレンドなんやろけど、何か街中が四角四面に見えて、何か物足りない気がする。

他のメーカーでも個性的な車あったよなぁ。

コペンとか、

インプレッサにもこんなんがあったみたい。カサブランカって言うらしい。

TOYOTAやと、クラッシック、

オリジン

って言う車種も出てたみたい。

どれもホンマにお洒落さん。

こう見ると、もっともっと『暖かみ』のあるデザインもあった方がええんちゃうかなぁ……って思える。

日産ラシーン CM / YouTube

TOYOTAなんか『AIでデザインしてる』みたいな話も聞いたことあるし、なんか暖かみが無いと言うか、何と言うか……。

この手のニーズって、突き詰めるとやっぱり光岡になるんかな?

ただ光岡の車も良いお値段しはりますもんねぇ。



お酒が好きなあなたに。[PR]


レンタルなら、デートのたびに違うコーディネートができる![PR]


センスに自信のない男性も、コレでイケメンに(笑)[PR]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。