しっぺ返し戦略

韓国の裏切りには最強の「しっぺ返し戦略」で応じるほかない

ベトナムの首都、ハノイで行われた米朝首脳会談に関して、文政権は「北のエージェント」外交を展開したが、会談決裂とともに失敗に終わった。もちろん、外交や安保関係の閣僚続投が、これらの政策の失敗を国内外に印象づけるのを避けるためという見方もできるだろう。いずれにせよ、日本に対する「裏切り」姿勢に今後も変化はないだろう。
それを助長しているのは、相手が「裏切り」行為をしても、愚者のように「協調」路線を堅持する、日本側の非合理的な姿勢にある。日本政府は、経済面での制裁、そして防衛協力の見直しをワンセットで韓国に提示し、「しっぺ返し」戦略への転換を急ぐべきである。(一部抜粋)

米国からの提言「韓国製品に報復関税をかけよ」

以上のようにニクシュ氏は、日韓関係の摩擦について、文在寅政権の措置や態度は不当だと明言した。これまで日韓両国に対して中立の立場を保ってきた米国のベテラン専門家が、今回は韓国の非を指摘することをためらわない。しかも、日本政府に韓国の不当な措置への報復や制裁の具体的な措置をとることまでを提案している。この点は言葉だけでは韓国への非難を続けても、実際の行動はなにもとろうとしない日本政府の態度とはきわめて対照的である。(一部抜粋)

・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

何か色々細々言うてはるけど、要は……

こっちは粛々と御互いの取り決めを守ってる上で、明らかに不当なことやられてるんやから、

やられたらやり返せ。

それだけ。

困ったら『韓国政府』はどこに泣きつくんかな?

民間レベルとおんなじように、これまで通り、仲良うやろうよ。

嫌ならしゃあないけど。



お酒が好きなあなたに。[PR]


レンタルなら、デートのたびに違うコーディネートができる![PR]


センスに自信のない男性も、コレでイケメンに(笑)[PR]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。