集客…なぁ。民間だけやとしんどいよね。

(実業団時代の松下電器からずっと、青黒を応援している自分が、こんな事を言っていると言う『矛盾』は抜きにして…w)

愛媛FC、2期連続黒字 監督交代で大幅減益 18年度決算
スポンサー広告料やスクール関連収入、グッズ販売額などは17年度を上回ったものの、ホーム戦入場者数はシーズン平均で約700人減の3161人にとどまり、チケットの売り上げは減少した。支出は選手補強などの人件費に加え、試合の運営経費も増加したという。(一部抜粋)

・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

黒字経営。

集客に苦戦しながらも、維持していると言うことは、素晴らしい企業努力をしていると言うこと。

簡単に言うてるけど、ホンマに大変やと思う。

あとは…行政次第か。

色んな難題があるとは思うけれど、何とかならんかなぁ…。

県内の人口の1/3が松山市民。

周辺の伊予市、東温市合わせたら60万人弱。ほぼ半分。ホンマそろそろ……

松山市内の交通網を使って砥部に行こう!

……的な発想は逆転させる時期なんやろうなぁ…と思う。

交通網を使って市内のスタジアムに集まろう!

松山市内にスタジアムが出来たら最高やもんね。

経営陣、クラブサポーターの方たちは、創設時からずっと考えて、尽力されてはる事やとは思う。

観客は減ってるのに、スポンサー収益は上がってる。地元民間企業もしっかり応援してるってことやろ?

スクール関連収入もある。子供達にもサッカーをやらせたい親御さん達がおるんやろ?

そしたら何で、直接スタジアムで応援せえへん、でけへんのんやろうか?

今期、愛媛に山瀬が入団、今治に駒野、橋本が入団したみたいに、J2以下の下部リーグでも、元日本代表クラスの選手が活躍する時代になってきた。

各チームの経営努力次第で、J2、J3でも観客を呼べるだけの『チーム』を作れるようになった。実際、上位チームは魅力的なチームが増えた。

リーグ全体で見ても、

愛媛のエース 神谷優太

はもちろん、

京都にローン移籍した

一美和成、

あと森 勇人、鈴木武蔵…ら有望な若手選手や、

山瀬功治、

松井大輔、

闘莉王、佐藤寿人、玉田圭司、大黒将志、大前元気…らJリーグ、日本代表を盛り上げて来た素晴らしい選手達が在籍してる。

あの人も……。

折角、良い選手のプレーを『生』で見られるチャンスやのに勿体ない。

松山の人達は、まさか『日本代表戦』だけ盛り上がってる…なんてことないよね?

・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

青黒の宮本監督は去年、どん底から『残留』をはたしたシーズン最終戦の挨拶で、こんなこと言うてた。

★G大阪救世主の宮本恒靖監督、ホーム最終戦で演説…来季復権を睨む

「2つ目は一体感ですね。本当に厳しい中、選手やスタッフ、クラブ、サポーターのみなさん、みんなが1つの方向に向いて戦ったから、こういう結果につながったと思っています。それは本当にありがたく思っています。ありがとうございます」

「最後は、このスタジアムの『圧力』というか、『圧』ですね。これは広島の城福(浩)さんと話をしたときにおっしゃっていたのですが、我々が1-0でリードした後、『圧を感じて何もできなかった』とおっしゃっていました」

「それはすごく大事なことで、我々はもちろん、ピッチでプレーしますが、そういった後押しを受けて、本当に負けない試合、いつでも勝てるような試合をこのスタジアムでやっていきたいと思っています」(一部抜粋)

・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

どんな環境であれ、足を運ぶのがホンマのサポーターや!

って言うてしもたら、確かにそうなんやけど、足を運びたくても、なかなか行きづらい環境であることは、やっぱりもどかしい。

この『圧』って、ものすごく大事なことやし、みんなで作るものやから。

実はこの間、青黒の応援で『日本平』に行った時に、ものすごく感動した事があった。

『清水』と言う土地柄もあるけど、腰の曲がったご年輩のご夫婦(失礼やなw)達が、たくさんスタジアムに駆けつけていた。

それもみんなオレンジのユニホームを着て。

中にはスタジアムのご近所で、そのまま御自宅に入って行かれるご夫婦の姿も見た(笑)

見てて微笑ましかったし、何か羨ましかった(笑)

極端な発想やけど、高齢化が進んで老人率が増えるこれからの時代でも、『老若男女が楽しめる娯楽』として今後も成立し続けるやろう姿に、ホンマに感動した。

日本平は収容人数はおおよそ25,000人くらい。

決して大きなスタジアムではない。

特に新しい『何か』があるスタジアムでもなく、どっちかと言うと狭いし『不便』(笑)。

ただご高齢の方々でも気軽に足を運べるスタジアムであることは間違いなく、エスパルスは『愛されてるんやなぁ』と感じられた。

ボランティアスタッフの方達も、アウェーである自分達にも、ものすごく丁寧に接してくれた。

あそこで暴れたりしたら、人として疑われる……と思えるくらいに(笑)。

ホンマに地域みんなで楽しんでる。

どうやろう?

国会議員の方々、県会議員の方々、松山の中心部にスタジアムを作る方向で本気で何とかなりませんか?

来年はFC今治もJ3に上がる…はず。

いや、上がるべく動いてる。

FC今治の新スタジアムを後押し 市長が方針表明 市有地を無償貸与

同じステージでダービー。

ホーム&アウェー、

年に2回、

無駄に盛り上がる(笑)

これが出来たら間違いなく愛媛は四国サッカーの『雄』になれる。

東予勢、中・南予勢でスタジアムがいっぱいになって、ガチで『勝った、負けた』と盛り上がるシーンを想像するだけで、ワクワクせんかな?

県行政関係者の方々、青黒vs赤のナショナルダービー、大阪ダービー、静岡ダービー、(最近無いけどw)横浜ダービー……その他諸々を味わってみて欲しい。

意味もなく闘志が沸いてくるし、『地域愛』が芽生える。

大袈裟やけど、恐らく今まで見たことがないくらいに『元気な県民の顔』が見られると思う。

南宇和高校が全国制覇した時、盛り上がった僕ら世代も、あと10年もしたら『立派な老人』。

今は初老(笑)。

サッカーも野球もバスケも、存分に楽しめるこれからの世代の為にも、愛媛にみんなが共有出来る『娯楽』としてスポーツを根付かせる為にも、

行政の方々、是非とも頑張ってください!

これだけ長い間『実現』していない事を考えても、かなりハードルが高いのは分かるから、ゴリゴリは言えんけど……。

…とは言うものの、関東に居ながら、個人で応援できること……何かあるかしら?



お酒が好きなあなたに。[PR]


レンタルなら、デートのたびに違うコーディネートができる![PR]


センスに自信のない男性も、コレでイケメンに(笑)[PR]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。