川之江城…。仏殿城の方がしっくり来る

城主は川上但馬守。

うちの先祖はそこの家老と聞いたことがある。

落武者やけどね(笑)

何もなかった城山に突然現れた不思議な建物。毎朝、部屋から見えるお城やけど、有り難みもなかったと言うか、なんと言うか……。

当時、子供が遊べる公園を潰してまで建てたお城やったけど、竣工してからは全く登らなくなった。

と言うのが正直なところ。

けど城山公園は好きだったし、そこに纏わる歴史にも、子供ながらに興味があった。

小学校の時に入ってた『郷土クラブ』と言う、市内の歴史的な場所を探検するクラブで先生から教えて貰った。

しかし、何で建てたのか未だに不思議。

伊予讃岐土佐阿波を結ぶ交通の要衝である川之江の鷲尾山山頂に位置した川之江城は、南北朝時代から戦国時代にかけての城であり、別名仏殿城といわれるように本来は仏閣であった。昭和時代には本丸付近の石垣に僅かの名残りを留めるに過ぎなかった。しかし川之江市制施行30周年記念事業として、1984年から城山公園整備事業として、本丸跡に天守、涼櫓、櫓門、隅櫓、控塀などが建築された。そのため、必ずしも史実通りに再現したとはいえない。

by Wikipedia

川之江城の魅力再発見 天守工法や構造学ぶ 四国中央で歴史愛好者ら

南北朝時代南朝方の武将であった河野氏の砦のひとつとして、土肥義昌が1337年に川之江城を築いた。その後戦国時代には城主は妻鳥友春になっていたが、土佐の長宗我部氏へ河野氏に背いて通じたため、河野氏配下の河上安勝によって落城した。

豊臣秀吉の四国平定以後は、川之江地方は小早川、福島、池田、小川と目まぐるしく領主が変わったが、加藤嘉明の時代に川之江城は廃城になった。

一柳直家1636年川之江藩を立藩し、城を再築しようとしたが1642年に死亡し領地は没収され、以後天領になったため、再築されなかった。

by Wikipedia



お酒が好きなあなたに。[PR]


レンタルなら、デートのたびに違うコーディネートができる![PR]


センスに自信のない男性も、コレでイケメンに(笑)[PR]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。