GやTだけが全てではなくなったんやな。

外国人助っ人がみんな今のチームに残りたいと言ってくれてるみたい。

ファンとしてはホントにうれしい事。

頼りになる助っ人に

自らのチームが好きだ

と言って貰えると、もっと応援したいと力も入ってくる。

実績が残せず、残留瀬戸際の選手ではなく、中心メンバーで活躍してくれてる選手ばっかり。

正直驚いている。

今年も何でも欲しがる『あそこ』や『あそこ』がレギュラーシーズン終了後からヤイヤイ言い始めると思っていたが、相変わらずの『お家騒動』をやっている間に、みんな残留意思表明や、来期の契約も終わらせていた。

ソトには間違いなく大金お土産に近づいてくると思っていた。

ただ、ホントに意外だったのはバレンティン。

ラミレスと一緒で、さっさと読売に行くかと思ったが、本人が残留希望。

やっぱり言葉は違えど、ファンの思いは伝わってるんだなあ。

もちろん、各球団のスカウトの人達は、シーズン中から色んな情報を集めているはずだし、その上で何も動きがないと言うことは、だいぶ前から本人の希望も情報として流れていたと言うことなのかな?

まあどっちにしろ、契約満了の外国人選手達にとって、

次の契約相手がGやTだけが全てではなくなったと言うことは間違いない

と思えた。

パ・リーグのチームや、広島カープは外国人のスカウトもしっかりしてるから、

やっぱりあの2チームが癌。

さあ、来年も各チームのファンみんなで、彼らを支えていこう!

DeNAロペス、ソト残留 ともに「うれしく思う」

バレンティン 来季のヤクルト残留を希望「契約は切れるが、自分としては残りたい」

【中日】ビシエド、生涯竜宣言 複数年契約大筋合意「日本語で引退スピーチを」

【中日】ロドリゲスが帰国の途 メジャーの調査なんの「来季も中日でプレー」


[PR]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。