気の持ちよう

朝、会社の最寄り駅に下りたら雨がパラついていた。

週末なので残務をこなすタイムスケジュールだけで、頭がいっぱいだったので降っている雨も大したことないと思い、

傘もささずに歩いていた。

いつもの公園を抜ける時、ふと気がついた。

水面を見るとこの間と同じくらいの波紋が見える。

自分が感じている以上に、そこそこ降っているらしい。

この間はこれくらいの雨でも傘をさしていた。

今日は気にもせず歩いている。

……何でも気の持ちようなんだと言うことが分かった。


[PR]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。