撤去補助。何か微妙

横浜市 ブロック塀撤去に補助 個人所有対象 上限30万円

行政として動きがあることは良いことやけど……

撤去する前の『非破壊調査』金額だけでも幾らすると思てるんやろう?

自分の家を何も調べんと、

『いきなり不安やから壊しましょう。』とはならんし、ちょっと調べて『鉄筋入ってますね、大丈夫ですね。』ともならんもん。

建築物の塀(ブロック塀や組積造の塀)の安全点検等について / 国土交通省

細かい事書いてあるけど、

とりあえずここまでは確認してみてね

って言うのはない。途中で止めたら事故った時に責任持てないから。

撤去費用、その後の建て直しを考えたら、こんな金額じゃすまんやろうに。

 対象は、道路などに面する個人が所有するブロック塀や石積塀などで高さ1m以上のもの。市の職員が現地調査を行い決定し、塀の高さ(2・2m以上)や厚さ、控え壁の有無、傾きやひび割れなどをもとに判断する。ブロック塀を全て撤去する工事と、撤去後に軽量フェンスや生垣を新設するセットの工事の2種類で、撤去工事は10分の9、フェンスなどの新設は2分の1が補助される。

って書いてある。

目視調査やから明らかな損傷やないと難しいと思う。信用できるんかな?

安全面を考慮すれば、前向きなのは分かるけど、個人対象の補助。

余程のお金持ちやないと出来へんことないかしら?

今はどうなんか調べてないけど、『出産助成金』とかその他『助成金』、今回の撤去助成金も、よう聞くような金額やけど、『30万円』ってなに基準なんやろう?


[PR]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。