ブロリー

この冬大注目の映画だった『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』。

元旦早々、1人で観てきた話。

25年前に描かれた『ブロリー』は原作者の鳥山明が関わられていなかったが、今回は原作、脚本、デザインまでがっつり関与。

鳥山明ならではの『ほんわかした笑い』もふんだんに盛り込まれて、本編鑑賞中、『大笑い』してた。

小学生らしい息子さんを連れて観に来ていた若いお父さん。

息子さん以上に笑っていた(笑)。

これは完全に大人向き映画。

『ドラゴンボール』が好きだった大人は絶対観て欲しい作品。

・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
観に行った後に見つけた記事。

野沢雅子:劇場版「ドラゴンボール」の激しいバトルも「今回は楽」

劇場版では、悟空が自身を「カカロット」と名乗るシーンも話題になっており、「初めてなんですよ。あれ、言ってないわ!って。(悟空が名乗る時は普段)『オッス!オラ悟空』ですもんね」と語った。(一部抜粋)

確かにそう。

最後に自分で『カカロット』を名乗った。



お酒が好きなあなたに。[PR]


レンタルなら、デートのたびに違うコーディネートができる![PR]


センスに自信のない男性も、コレでイケメンに(笑)[PR]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。