玄米の炊き方にちょっとだけ感動。

普段なるべくお米は食べないようにしているのだが、相方さんの薦めで、玄米は何日かに1回食べている。

特に嫌いではないので、問題なく食べているのだが、こんな炊き方も有ったのか!…という感動。

玄米の炊き方、どうすればおいしく炊ける? 給水と水加減でごはんの味に差が出る!

玄米だけで炊いてもよいのですが、ぜひ炊く前に塩をひとつまみ加えてみてください。玄米のクセがやわらぎ、食べやすさがアップします。なぜ塩がよいかというと、もともと玄米に含まれるカリウムには苦味があり、塩(ナトリウム)を入れて炊くことで中和されておいしくなるのです。さらに塩でぬか層がやわらかくなり、玄米が水分を吸収しやすくなる効果も。特に夏場はやや多めに塩をかげんすることで、傷みの防止にも一役買ってくれます。(一部抜粋)

普段うちでの炊き方はほんの一寸の重曹と塩を入れて炊いているのだけれども、塩を入れるとこんな効果があるとは知らなかった。

改めて驚き😲

ちなみにうちの玄米の美味しい食べ方は、『蕪菜と鰹節和え物』をトッピングしてシャキシャキ食べる。

玄米のほんのりした甘さも味わえます。



お酒が好きなあなたに。[PR]


レンタルなら、デートのたびに違うコーディネートができる![PR]


センスに自信のない男性も、コレでイケメンに(笑)[PR]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。