緊張

関内某所。

今日…とあるお客さんを訪問した。

そこはかつて自分が働いていた会社。

もう十何年、足を踏み入れたことはなかった。

前任が退職した為に、引き継いだお客さんの中に、たまたま入っていたので、そこは致し方ない。

どんな顔をして入っていけば良いものか……そこそこ迷ったが、

まあそこは、辞めて随分経つので、別に普通に行けば良いか……と開き直って、そそくさとエレベーターホールに向かった。

……社長がいた。

いきなりラスボスに会った。

凄い『エンカウント率』。

相変わらずの存在感だった。

瞬間、直立不動。

完全に当時に引き戻された(笑)

一見、自分の信念は曲げず、気性も荒い人だったけど、根は社員思いで、自分達が考えている先のところで、部下の事を考えていた優しい人だった。

もちろん辞めてから気が付いた(笑)。

2人きりのエレベーター。

社長も明らかに

どっかで見たことあるな……

と言う顔をしている。

よく『顔にかいてある……』と言う表情は、ああいう顔の事を言うんだろうな。

お互い変な緊張感に包まれたので、居たたまれなくなり、思わず、

御無沙汰してます!

と深々と一礼。

ズバリ体育会系!(笑)

すると社長も……

……だよなぁ。

と一言。覚えていてくれてたんやなぁ。

ちょっと嬉しかった。

今、何してんだよ?

あ、御社の取引先の営業で、後任で担当になりました。

あ、そう。

その後、いつものように、何も言わずにサッと奥に入っていった社長。

担当外されたりせんよなぁ………?


[PR]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。