ベイスターズに『緊張感』なぁ……。

DeNA白崎・高城トレードでチームに与える緊張感

何とかかんとか乗り切った感が強い前半戦。

まあ、毎年そない上手いこと行くわけないし、今年は他所からマークされながらになるから、ファンとしてみたら『御の字』にしとかなあかんのんかな?

確かに強い球団にはシーズン中のトレードは付き物やから、そう言う意味ではええことなんかも知れん。

一体感があることと、仲良しこよしは違うからなぁ。

白崎は力勝負のパ・リーグの方が水が合ってるかも知れんよね。高城は暗いオリックスベンチを盛り上げてくれるかも知れんよね。若月押し退けてポジション獲ってやれ!黒羽根より期待できるし(笑)

『選手を育てる時期』を経て、戦力がある程度計算出来るここからは『勝ちを取りに行く時期』シフトチェンジしました、って言う球団の意思表示やと思う。

ここに来て大鉈を振るったけど。

ただ1つ希望があるとすれば、もう戦力の見極めは終わったんやから、後半戦はガチャガチャと人の入れ替えせず、軸の戦力を固定して、腰を据えて確実に勝ちを取りに行って欲しい。左腕カルテットが機能しないなら、配置転換してまでダラダラ使って、右往左往せず、スパッと割りきって、もっと若い右腕達に託してもファンは納得すると思うし。

選手は常に緊張感を与えることが出来たかも知れんけど、おんなじような失敗ばっかりしてる監督、コーチ陣も、もっともっと緊張感持ってやってくれたら……きっと未来は明るいかも知れん。



お酒が好きなあなたに。[PR]


レンタルなら、デートのたびに違うコーディネートができる![PR]


センスに自信のない男性も、コレでイケメンに(笑)[PR]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。